大和電器は、家庭用・工事用配線器具からデータセンター向けコンセントバー、感震ブレーカー『震太郎』、HEMS関連製品等を開発・製造しています。

menu

感震ブレーカー

HOME > 製品情報 > 防災製品 > 感震ブレーカー

防災対策

感震ブレーカー震太郎

特長

  • 専門的な設置工事不要
  • 主幹ブレーカーを一括遮断
  • 設置時に動作を確認できるテスト機能付

アース付のコンセントに差し込むだけの簡単設置。震度5強相当の地震を検知すると主幹ブレーカーを自動的に遮断します。

  • 専門的な設置工事が不要なため、誰でも簡単に設置ができます。
  • 主幹ブレーカーを一括遮断することで、地震による電気火災(二次災害)を予防できます。
  • 避難時の照明の確保と安全面を考慮し、地震検知後、3分後に主幹ブレーカーを遮断します。
  • テスト機能やリセット機能がありますので、一般家庭でも動作確認が簡単にできます。
  • 家屋の急激な傾きを検知した場合、待機時間なしで主幹ブレーカーを即遮断します。

製品写真

震感ブレーカー正面、斜め

 

震感ブレーカー側面

 

震感ブレーカー背面



製品仕様・概要


外形寸法  W62 × D32 × H90
定格
AC100V ± 10% 50Hz / 60Hz
適応主幹ブレーカー
高感度高速形 定格感度電流 30mA以下 漏電ブレーカー
作動加速度(gal)/周期(秒)
250 / 0.3 , 0.5 , 0.7
不動作加速度(gal)/周期(秒) 80 / 0.3 , 0.5 , 0.7
250 / 0.1
動作条件
アース付きコンセントへの設置で動作 
取付角度
前後・左右  ±5° 以内
動作周囲温度
-10°C ~ 40°C / 0~80%Rh(結露なきこと) 
警報表示
LED発光 / ブザー音 
販売価格 オープン価格
販売店 家電量販店/ホームセンター/ECサイトなど
補助金 各市町村補助金対象に認定中
ECサイト 公式ECサイトはこちらから

感震ブレーカー「震太郎(しんたろう)」

「震太郎」開発背景

内閣府資料によれば、地震による火災の過半数は電気が原因で、2011年の東日本大地震でも本震による火災で原因が特定されているもののうち電気関係の出火が54%にものぼったことがわかっています。
これらのデータに基づき、国では地震を検知した時に電気を自動的に止める“感震ブレーカー”が電気火災防止に有効な手段だとして、今後10年間のうちに密集市街地において普及率25%を目指すとしています。(「首都直下地震緊急対策推進基本計画」平成27年3月閣議決定)※経済産業省感震ブレーカーの普及啓発HPより

しかしながら既存の感震ブレーカーは分電盤への“内蔵型”や“後付け型”など設置工事が必要なものか、繋がっている電化製品のみの電気を遮断する“コンセントタイプ”などが大半を占め、一般の家庭が求めている「誰でも簡単に設置でき、なおかつ家全体の電気火災を予防する」というコンセプトをもつ製品は、これまでありませんでした。それらのニーズに応えるべく誕生したのが感震ブレーカー「震太郎」です。

突然の地震により停電発生

動作説明

動作説明

使用可能なコンセントタイプ

接地用端子付接地極付コンセント

接地用端子付接地極付コンセント

接地極付コンセント

接地極付コンセント

接地用端子付コンセント

接地用端子付コンセント

接地用端子付コンセントへの接続方法

接地用端子付コンセントへの接続方法
接地用端子付コンセントへの接続方法

アースピンを外し、アースコードでアース端子ネジ間を接続して取付けます。
※必ずアース接続を行なってください。 

製品紹介動画




お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。